11日、木曜。

午前の早い時間にとどめのゲラが着弾。 あわせてちょこちょこと小さな作文をいくつか。 午後。パソコンのGmailがウィンドウを閉じる都度ログアウトしてしまう。 なんで?

10日、水曜。

中井久夫さん、亡くなったのか。 ぼちぼち8月後半と9月の予定を立てないといけない。

9日、火曜。

朝から母校の甲子園初戦なんだそうで。 お相手は激戦の敢闘を制したかの名門校。 残念ながら健闘及ばず。 夜。今晩は十四回目の某記念日。 「これくらいの年齢だったとき、自分はどんなだったかな」と過去を思い起こしてみたり。 「思えば遠くへきたもんだ♪…

8日、月曜。

「某和食チェーン店で二日間に四十六時間の勤務」って。 漫画家の先生でもここまではいかんのではないか。 ……と思ううち、書店で「クワコー」ものの第3巻が出ているのを見つけてしまう。 ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3 (文春文庫…

7日、日曜。

午前中は某送迎業務。 空き時間を使って書類仕事の続き。 ようやくのことで終了。

6日、土曜。

あれこれと小さな仕事がたまりぎみ。 ということで、日中はこつこつと事務仕事。 夕方から夜にかけて家の仕事。

5日、金曜。

午前中は解説原稿の続き。 最後まで書いてお昼過ぎに提出。 続いて午後はちょっと気の重い審査業務。 雨は降りそうで降らない。

4日、木曜。

雨で気温が低い。 日中は今日も某解説原稿。

3日、水曜。

日中はひtがすらに某解説原稿を書く。 「多くても原稿用紙で20枚弱」の指定なのだが、これがけっこう難しい。

2日、火曜。

今日も暑いすな。 某審査仕事を片付けて午前中に結果を送信。 午後は遠隔で某会議。 夜。米軍がザワヒリさんをやったのですか。 ちょうど、「アイマン・ザワヒリのシャリーア論とコスモポリタンの普遍主義」みたいな話題を訳したりしてたとこなんだが。

1日、月曜。

午前中はひたすらに某審査業務。 ふだんやってる仕事と毛色が違ってなかなかに大変。 午後は所用で某お役所を訪問。 夕方から家に戻って某書類審査の続き。 意外とはやめにケリがつきそう。

31日、日曜。

とても不愉快というか,理不尽な話が一件。 いろいろあるんだがこれはさすがに放置できない。 空き時間に某審査仕事の事前作業。

30日、土曜。

日中は引き続き某校正作業。 目がしょぼしょぼしてきた。 日が暮れたあたりでめでたく終了。 そそくさと編集の方に向けて発送。

29日、金曜。

引き続きゲラの校正仕事。 さすがにしんどくなってきた。

28日、木曜。

日中は某校正作業の続きを粛々と。 午後から激しい雨と雷。 空梅雨で水不足の心配をしていたのが嘘みたいだな。

27日、水曜。

朝から「なにそれ?」という話が一件。 日中はゲラの校正仕事の続き。 夕暮れ時。 きれいな虹が見える。 うっすら二重になっている模様。

26日、火曜。

午前中は民族プチ移動の準備。 午後は信楽の某美術館を訪問。 なんだか不思議な空間。 紀元前2000年とか3000年とかの彫刻が当たり前のように展示されていて、時間のスケール感覚が狂ってくる。 「お前さんのやってる二百年前なんてつい最近やないすか」と。 …

25日、月曜。

某ゲラの校正仕事。 休憩がてら、自分が本文に登場するアカン族の「アブスア」(母がたの親族が子どもたちの面倒をみて、父親は子どもの養育に関与しないというシステム)のメンバーだったらどうなるかをシミュレーションしてみる。 わたしはあの人に面倒を…

24日、日曜。

祇園の「後祭り」というのをやってるんだそうで。 (しばらく途絶えていた習慣が、何年かまえに復活したらしい。) せっかくなので山鉾の巡行を見物。

23日、土曜。

「お昼食べよう」と思ってふらりと「なか卯」に立ち寄ってみる。 店内のポスターをみると、ペンギンくんをマスコットにしたキャンペーンをやっている模様。 うさぎじゃないのか。

22日、金曜。

朝。気分転換を兼ねて将軍塚に登ってみる。 駐車場に、「市立上田中学校」のみなさま御用達のタクシーが停まっていた。 修学旅行ですか。

21日、木曜。

事情により今日も大学には出ずに自宅近くで仕事。 …していると、隣の席で本物の漫画家っぽい人が仕事している。 (ちゅうか、チラ見するかぎりたぶんあの名作を描いてるひと。) かっちょええ〜。(?)

20日、水曜。

当地の公立学校は本日が終業式。 (信濃の国とは違うのです。) 「7月20日の午後から夏休み」というのは懐かしい感覚。 昨日の雨で鴨川がえらいことになっている。 治水されててこれだもんな。 サイコロやらと並んで上皇様を悩ませた川。

19日、火曜。

午前中は某所でコーヒー飲みながら仕事。 …していると、周りの皆さんのスマホから何度となく警報音が流れる。 (私の携帯はなぜだかうんともすんとも言わない。) 中にいるとわからないのだが、外は大雨の模様。 これか。

18日、月曜。

一日遅れの移動日。 「締め切りなにするものぞふだんはできないことを」ということで、高速を使わずに中山道を走ってみる。 思ったより楽しい。 中津川から高速になったのだけれど、名神が大渋滞してるようなので、いそいそと北陸道に抜けて長浜から琵琶湖一…

17日、日曜。

午前中は事務仕事をあれこれ。 今日もどる予定だったのだが事情により一日延期。 あじさい寺を見物に出かける。

16日、土曜。

諸事情により一回松本に戻る。 道中は雨。 立ち寄った高速のSAで、小学生と思しきお兄ちゃんが弟に向けて「小1はこっち! おれは小3だからここ!」と真剣に話しかけている。 「なんじゃいな?」と思ったら、管理上の都合かなにかで便器に「小1」「小2」…「…

15日、金曜。

日中は某原稿の続きと某事務的な手違いの修正業務。 夜は祇園の宵山初日。 二年ぶりの開催ということでものすごい人出。

14日、木曜。

訳あって朝から市内を車で移動する。 北の方で、不動産屋さんと思しき建物に「(TQ)リバブル」と書かれた看板がかかっている。 "Livable"のカタカナ読みなんだろうけれど、「え、いまどき"RE-Bubble"?」と思ってしまうのも私だけではないと思う。

13日、水曜。

じわじわ、むしむしと夏のお手本のようなお天気。 「それならいっそ」ということで、「フード付き長袖ジャージ」スタイルで「野外サウナに入っているのだ」と考えることにする。 「自分は汗をかくために外にいるのだ」と考えはじめると、外気温も湿度も意外…